山﨑矯正歯科の矯正治療Q&A

Q.1 通院の間隔は?

  A.1 矯正装置を使う動的治療中は、月に1度のペースで通院となります。保定期間に入ると2~3ヶ月に1度の通院となります。

 

Q.2 子供の歯並びは、何歳頃から治療したらよいのでしょうか?

  A.2 歯並びの治療開始時期は、症状により異なりますので一概に何歳からといったことは当てはまりません。しかし、反対咬合といわれる「受け口」の場合は成長とともに治療が難しくなることが多いため早めの治療が必要になります。上下の前歯が永久歯にはえかわる6歳くらいに1度相談するとよいでしょう。それ以外の場合でも、治療を開始するかどうかは別にして、成長発育を利用することによって無理なく治療を行なうことができる場合もありますので、前歯のはえかわった時期に矯正相談を受けられるのがひとつの目安と考えてよいと思います。


Q.3 大人になってからも矯正できますか?

  A.3 もちろん大人も矯正できます。年齢に上限はありませんが、成長期にある子供は成長、発育を利用しながら治療を進めれれるので、条件がより有利になります。

 

Q.4 歯を抜かなければ、治療ができないのでしょうか?

  A.4 歯とあごの大きさの不調和が著しい場合は、抜歯が必要となりますが、乳歯から永久歯に代わる頃やあごの成長が旺盛な時期に治療を開始すれば、歯を抜かずに治療する可能性も高くなります。

 

Q.5 治療中に痛みはありますか?

  A.5 装置を初めて付けたり、力を調整したときには、歯が浮くような感覚があります。個人差がありますが、 数日でおさまります。

 

Q.6 治療期間中にサッカーなどのスポーツはできますか?

  A.6 通常のスポ-ツなら基本的に大丈夫ですが、激しいスポーツや格闘技は装置が唇や歯茎にぶつかりケガをすることがあります。心配な場合は、相談の上マウスガードなどを使用しスポーツを楽しんでください。

 

Q.7 治療後に歯が戻りませんか?

  A.7 矯正装置をはずすと歯は元の場所に戻ろうとするので保定装置を使います。使用期間は通常約2年ですが、もっとかかる場合もあります。

 

Q.8 矯正治療が成功するポイントはどこにありますか?

  A.8 矯正治療は長い治療期間を必要とします。患者さんと矯正医が協力体制と信頼関係を保ちながら、途中であきらめないよう頑張ることが必要です。